『私が私である場所』

『私が私である場所』

2023/日本/87分

  • 配給協力
公式サイト

イントロダクションINTRODUCTION

一本の映画に集まった俳優たちの光と影を追ったドキュメンタリー映画
インディーズ映画に集まる俳優たちは、何故俳優を続けているのか?そこにはどんな魅力が隠されているのか?…コロナ禍を乗り越え、夢を追う若者たちの光と影を追い、彼らの今に迫ったドキュメンタリー『私が私である場所』が完成した。
取材対象となったのは、2023年11月18日より公開の映画『シンデレラガール』(緒方貴臣監督)に出演・参加した俳優たち。その主演を務めたのは「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の伊礼姫奈。伊藤由紀(『イエローマーガリン』)、杉山晴香、アライジンはスタッフを兼任しながらも出演を掴んだ。また、主演映画『たまつきの夢』が TAMA NEW WAVE2022 の「ある視点」 部門に正式出品された辻千恵や『なのに、千輝くんが甘すぎる。』の佐月絵美は、オーディションで役を獲得した。『いつくしみふかき』『みんな生きている~二つ目の誕生日~』などで出演とプロデューサーを兼任し、『シンデレラガール』ではカメラの裏側でプロデューサーのみを務めた榎本桜もドキュメンタリーには登場。異なる環境にいる彼らが、それぞれの俳優活動の裏側を見せる。
監督は、モト―ラ世理奈主演のショートフィルム『猫、かえる Cat’s Home』(19)、ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」など、ディレクターとして多岐にわたる経歴を持つ今尾偲監督。

ストーリーSTORY

日本の俳優、タレント人口数およそ24000人(WEB調べ参照)。TVなどで活躍する俳優ですら、ほとんどの俳優はまだまだ世間には認知されていない程に人口は多い。特に「インディーズ映画」と呼ばれる低予算映画には、タレント名鑑などにも記載されていない名もなき俳優たちが多く集まっている。そこには一体どんなドラマが隠されているのだろうか?
緒方貴臣監督の新作映画『シンデレラガール』は、主役から脇役までほぼ全ての役をオーディションで選出。応募総数約2000名以上の中から主役に選ばれたのは16歳(当時)にして、すでに10年以上のキャリアを持つ伊礼姫奈だった。その一方で、この映画のスタッフとして働きながら、セリフのない役を演じる俳優たちがいた。それは必ずしも陽の当たる役ではない。しかし一つの役を大切に扱い、懸命に役を演じていく。様々な環境や立場で参加する俳優たちは一体何を目指し、何を感じ、俳優人生を過ごしているのか…インディーズ映画に集まる俳優たちの光と影、そして夢を追う彼らの今を追った。

『私が私である場所』
『私が私である場所』
『私が私である場所』

キャストCAST

伊礼姫奈 伊藤由紀 辻 千恵 佐月絵美 杉山晴香 アライジン 榎本 桜

スタッフSTAFF

監督・撮影・編集:今尾 偲 第二班撮影:林 純也 青木大使 音楽:蓑田峻平 整音:蛯原浩彦 ロゴデザイン協力:加納和可子 ホームページデザイン:VICENTE ポスター&チラシデザイン:反町正大(バラモン) 協力:映画『シンデレラガール』/映画『イエローマーガリン』 映画『サプライズズズ~パリピの誕パがループでPONPON!!~』プロデューサー:榎本 桜 今尾 偲 制作:リアルメーカーズ 企画:Office BUREAU

予告篇TRAILER

上映情報THEATER

都道府県 劇場名 電話番号 公開日
東京都 アップリンク吉祥寺 上映終了
北海道 サツゲキ 2/9(金)-
栃木県 小山シネマロブレ 上映終了
栃木県 宇都宮ヒカリ座 上映終了
愛知県 シネマスコーレ 近日公開
京都府 アップリンク京都 上映終了
大阪府 扇町キネマ 上映終了
配給作品一覧